【朗報】PCXやNMAXが普通免許で乗れるようになるかも

普通免許
まだまだ話題に上がっているだけの情報ですが、PCXやNMAXのような原付2種いわゆる50㏄~125㏄未満のバイクに乗るためには「小型自動二輪免許」が必要ですが、取得するにはそれなりのお金と時間が必要になります。
しかし、その取得を簡略化する動きが見られる嬉しい情報が流れています。

普通免許の付帯免許になる可能性も

現在は四輪の付帯免許として、誰でも原付1種(50㏄未満)のバイクに乗る事ができます。
この付帯免許を緩和し、125㏄未満まで引き上げようとする動きが見られています。

しかし、この動きには賛否両論があるようで、自動車と混合交通ができる125㏄クラスのバイクが増える事でバイクの死亡事故の増加するのではなどの意見や、またその逆の意見もあるようです。

トロトロと流れに乗ってはいけない原付で道路を走るより、自動車と同じ流れで走っていた方が安全には感じますが、危険なすり抜けなど無謀運転の増えるのは確かだと思います。

現実的には付帯免許を緩和はそう簡単にはいかないと思いますが、期待したと思います。

小型自動二輪免許の取得をもっと簡単にすれば若者の振り向くかも

小型自動二輪免許を取得には、普通二輪免許とほとんど変わらない料金と教習時間が必要になります。
平均的に10万円弱のお金と1か月程度の教習。
若者には高いハードルです。

PCXやNMAXの購入の前に免許取得の壁が購入の意欲を削いでいるのは確か。

小型自動二輪免許の取得を簡単にし、低料金、短期間で取得できるようになれば若者の振り向いてくれるはずです。

自転車しか乗っていない若者が125㏄クラスのバイクに乗れば、行動範囲も見る景色も大きく変り、バイクの楽しさを実感するはずです。

今回の動きは本当にワクワクさせてくれる情報です。
バイク仲間が増えればこんな嬉しいことはないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です