ホンダ PCXVSNMAXどっちにする

125㏄人気バイク、ホンダ PCXとヤマハ NMAXを様々な角度から徹底比較!
どっちを買うか、迷っている方へ少しでも参考になれば幸いです。

ホンダPCX125とホンダNMAXの基本スペック

ホンダPCX125 ヤマハNMAX
スタイル ホンダPCX125 ヤマハバイクNMAX
メーカー希望小売価格 329,400円(税込) 340,200円(税込)
全長/全幅/全高 1,930mm/740mm/1,315mm 1,955mm/740mm/1,115mm
エンジンの種類 水冷4ストロークOHC単気筒 水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量 124㏄ 124㏄
シート高 760㎜ 765mm
燃費(60km/h) 53.7〈2名乗車時〉 50.5〈2名乗車時〉
最高出力(kW[PS]/rpm) 8.6[12]/8,500 9.0[12]/7,500
車両重量 130㎏ 127kg

ホンダPCX125とホンダNMAXの基本スペックから見れば、ほとんど同格。
やはりどちらも125㏄クラスの人気バイク、少しの違いはありますが肝心なところはしっかりと抑えてありますね。

大雑把に比較すると、どちらを選んでも間違いはないと思いますが、細かく見てみると自分のスタイルにはどちらがピッタリなのかが見えてくるはずです。

では、細かなチェックをしていきましょう。

デザイン、スタイリングを比較してみよう

フロントフェイス

ホンダPCX

HONDA PCX125 フロントフェイス

ヤマハNMAX

YAMAHA NMAXフロントマスク
ぐぅーっとアップになった画像で、背景もブラックとホワイトなのでイメージがし難いですが、この画像だけ見れば個人的にはPCXの方がかっこよく見えますね。
どちらもヘッドラップにLEDを採用。
先進感と高級感は五分五分ではないでしょうか。

テールランプ

ホンダPCX

HONDA PCX125 テールランプ

ヤマハNMAX

ヤマハYAMAHA NMAXテールランプ
両者ともテールランプにもLEDを採用。
画像の角度が違うので判断は難しいですが、ランプ点灯時のデザインは個人的にはヤマハNMAXが好きかな・・・
テールランプの好みによりますね。

横から見たからのデザイン

ホンダPCX

ホンダPCX横からのデザイン

ヤマハNMAX

ヤマハ NMAX横から見たデザイン

どちらも先進的なデザインで好みもわかれると思いますが、横から見るとよく似ているデザインですね。
軽快感があるのは、ホンダPCXでサイズ以上に大きく重量感のあるのはヤマハのNMAXかな・・・
カラーで印象も変わるので横からのデザインも好みによりますね。

バイク斜め後姿

ホンダPCX

PCX 後姿

ヤマハNMAX

nmax後姿

PCXは先進的なデザイン、NMAXは重厚感のあるデザインのように思えます。
どちらも125CC クラスの原2だとは思えないデザインです。
シャープなPCXを選ぶか、高級感を感じるNMAXを選ぶかは好みの問題でしょう。
というかHONDAを選ぶかYAMAHAを選ぶかという感じでしょうか。

メーター

ホンダPCX

ホンダバイク PCXメーター

ヤマハNMAX

NMAXメーター
アナログメーター好きにはPCXかな、シンプルでスピードの視認性が高いメーターが好きな人はNMAXではないでしょうか。
しかし、両社ともタコメーターがついていないのが残念。
カスタムパーツが出てくるのを楽しみにしましょう。

選べるカラー

ホンダPCX

PCXパールジャスミンホワイト
パールジャスミンホワイト
パールダークアッシュブルー
パールダークアッシュブルー
マットテクノシルバーメタリック
マットテクノシルバーメタリック
ポセイドンブラックメタリック
ポセイドンブラックメタリック

ヤマハNMAX

ホワイトメタリック6

ホワイトメタリック6
レッドメタリック7
レッドメタリック7
マットイエローイッシュグレーメタリック2
マットイエローイッシュグレーメタリック2
ブラックメタリックX
ブラックメタリックX

両車とも現在の所、4色になっています。
メーカーが押しているカラーはPCXはパールダークアッシュブルー、NMAXはレッドメタリック7ではないでしょうか。
個人的にはPCXならパールダークアッシュブルー、NMAXならホワイトメタリック6が好きですね。
バイクを買うときにカラーで迷っちゃうんですよね・・・
派手目にいくのか、それとも落ち着いたカラーにするのか。
自分のファッションに合ったカラーを選べば問題ないでしょう。

エンジン性能を比較

ホンダPCX125 ヤマハNMAX
エンジン PCXエンジン NMAXエンジン
エンジンの種類 水冷4ストロークOHC単気筒 水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量 124㏄ 124㏄
燃費(60km/h) 53.7〈2名乗車時〉km/L 50.5〈2名乗車時〉km/L
燃費(WMTCモード) 50.6km/L 45.2km/L
最高出力(kW[PS]/rpm) 8.6[12]/8,500 9.0[12]/7,500
特徴 ホンダの次世代小型スクター用エンジンePSを採用。従来のエンジンに比べ燃費性能が大幅に向上。またCO2の排出も大幅に低減。にもかかわらず出力特性と耐久性は向上している。
また、たくさんの自動車に採用さているアイドリングストップ機能も装備。さらに燃費向上に貢献。
“BLUE CORE”エンジンを初の採用。高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスしたエンジン。
低速向け、高速向けカムが6,000回転を境に切り替わる可変バルブ機構(VVA)などを採用し、街乗りとツーリングどんな場面でも快適に走行できる。

燃費は僅差ですがPCXが一歩リード。
アイドリングストップ機能がその差を産んだのではないでしょうか。
実際の燃費はもう少し落ちるはずですが、PCXは口コミなどでは平均で45km/Lとかなりの高燃費です。
NMAXの口コミはまだ多くありませんが40km/Lは超えてくるでしょう。
どちらのエンジンも環境に考慮した設計ですが、高速でも余裕のある走行が楽しめます。とはいっても125㏄(原2)クラスなので高速道路には乗れませんが100km/hを超してもさらに加速が楽しめるようです。(スピード違反はだめですよ)

シート下収納を比較

ホンダPCX

PCXシート下収納
PCXのシート下収納の容量は25L

ヤマハNMAX

Nmaxシート下収納
NMAXの下収納の容量は24L

僅か1L、PCXの方が容量が大きいですね。
しかし、スクーター乗りにとっては重要なポイントですね。
どちらもフロアがフラットでないのでたくさん入れば入るほどうれしいです。

両車とも形状にもよりますが、フルフェイスのヘルメットが余裕で入るサイズです。
大きな荷物は入らないですがちょっとした買い物なら余裕のサイズでしょう。

両車とも途中の位置で固定できるストッパーがついているのでエンジンを掛けたまま荷物の出し入れができるので便利。

この勝負は容量が少し大きいPCXの勝ちになるかな
参照元:HONDA PCX

YAMAHA NMAX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加