PCX、NMAX125はよくあおり運転される?!対策は

PCX、NMAX125はよく煽られる?!

PCXやNMAX125を乗られている方で自動車によく「あおり運転」される話を聞きますが、実際のところどうなんでしょう。
PCXやNMAX125に限らず、原2クラスのピンクナンバーに乗っていると自動車に煽られやすいのは事実。
125㏄クラスだけでく、バイクやスクーターで「あおり運転」をされ、転倒して大けがをしたり最悪は死亡事故につながる事例もちょくちょく見られます。

なぜ「あおり運転」に合うのか、巻き込まれない対策はあるのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ、PCXやNMAX125のような原2クラスのスクーターが「あおり運転」に合うのか

原付、原2の見わけがつかない自動車運転者も多い

バイクやスクーターに乗ったことのない自動車の運転者には原付も原2もほとんど見わけのつかない方も多く、制限速度を守って走っていても「ちょこまかと走りやがって」と強引に追い越される場合も。

ギリギリ、スレスレで追い越されるのも「あおり運転」ですが、50㏄の原付も125㏄の原2もスピードが出ないバイクと勘違いしている事もあるようです。

すり抜けで「ドキッと」して腹が立ち、猛スピードで「あおる」運転手も

筆者も自動車を運転するのでわかりますが、ノーマルマフラーのスクーターは後方の死角に入っていると、全く気付かない場合があります。

そんな時にすり抜けされると、いきなり横に現れたスクーターに「ドキッと」した事がなんどもあります。

ほとんどのドライバーは「ビックリした」程度で終わるんですが、機嫌が悪かったり、すぐにプチっと着てしまうドライバーは猛スピードで追いかけてくる場合もあります。

この手のドライバーはちょっとヤバイので気を付けるようにしましょう。

そもそも抜かれるのが嫌な運転手も

こんな人は運転してはいけないと思いますが、抜かれるのが嫌いなドライバーもいます。
自動車同士でも、こちらはその気もなく追い抜いても、なぜか猛スピードで追い抜き返してくる運転手がいます。
相手がスクーターやバイクでも同じ、抜かれたら抜き返してきます。

この手のドライバーにも気を付けたいですね。

スポンサーリンク

PCXやNMAX125であおり運転に合わないための対策

強引なすり抜けをししない

PCXもNMAX125も原2では大き目のサイズですが、すり抜けも余裕でできてしまうサイズです。
渋滞中している自動車の間をすり抜けられるのも魅力ですが、危険な運転には間違いありません。

信号待ちでスルスルと一番前まで行く程度にして、走行中は流れに沿って運転するようにしましょう。

あぶなそうなクルマには近づかない、道を譲る

あきらかに危なそうなクルマを見かける事があります。
見た目は危なそうでも安全運転の方もいますが、「このクルマは危なそう」と感じるクルマがあればなるだけ近づかないようにし、近づいてきたら道を譲るようにして危険回避をしましょう。

トップボックス(リアボックス)を取り付けると煽られにくくなる!?

PCXもNMAX125もモデルチェンジで後ろから見るスタイルも少し大きく感じるようになりましたが、まだまだ、ビックスクーターなどに比べると華奢な感じは否めません。
小さく感じるリアのスタイルが煽られる原因と考えていいる方もいます。
「以前は煽られていたけど、トップボックス(リアボックス)つけてから煽られなくなった」という方もいるのでまんざらでもない情報です。

PCX、NAMXツーリング必須アイテム トップボックスはダサい?!
PCX125もNMAX125もシート下の収納容量は大きい方です、通勤や通学程度なら問題ない大きさです。 しかし、ツーリングに出かけるとなると、全然足りなくなってきます。
スポンサーリンク

あおり運転に遭った時の強い味方がドライブレコーダー

バイク用2021年度版ドライブレコーダー
参照元:Amazon

PCXやNMAX125に乗っていてあおり運転に遭った場合の強い味方はドライブレコーダーになります。
いくら口で説明しても証明できない場合があるからです。

自動車では一般的になってきているドライブレコーダー。
もし事故を起こした場合裁判ではドライブレコーダーの映像は決定的な証拠にはならないようですが、最近では証拠能力も上がってきているようです。

Youtubeでもドライブレコーダーの映像はよく見かけます。
映像もとても綺麗なのでもしもの場合には強い味方になるはずです。

あおり運転に遭わない運転をすることが一番ですが、もしもの事を考えドライブレコーダーを装着することをおすすめしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました