2022-07

PCX

PCXが4連覇!マシン オブ ザ イヤー2021強い

ヤングマシンの伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」、読者投票で人気ナンバー1の一台を部門ごとに選ぶ人気企画です。 その中のスクーター部門でフルモデルチェンジしたPCXが今回もNo.1に選ばれました。 4連覇はさすがPCXといったところです。 この企画は排気量別ではないので、今回はPCX125と160が選ばれたことになります。 やっぱカッコいいですもんね。
気になる原二

イタリアの伝説のスクーター復活のランブレッタが気になる

1947年に最初のスクーターを発表し、世界中で人気を博しましたが70年代に工場が閉鎖されたため、惜しまれながらも新しいスクーターは作っていませんでした。 しかし、根強いファンの声の後押しでランブレッタ・ブランドを保有するイノチェンティ家とオーストリアKSRの共同出資によりランブレッタ有限会社を設立し復活し2017年にニューモデルのスクータ―「ランブレッタ」を発表。
NMAX

新車NMAX乗り出し価格34.2万円は安いと思ったら旧型

新車の新型NMAX125の乗り出し価格が34.2万円は安いんじゃないでしょうか。 メーカー希望小売価格が税込み368,500円なので車両価格より安い値段で乗れるようになります。 カラーは人気のホワイト。
タイトルとURLをコピーしました