同僚が買ったホンダリード125が気になった

参照元:HONDA LEAD125

職場の同僚が突然、アドレス125から新型のホンダリード125に乗り換え。
いつも駐輪場に新しいリードがとまっているので、もしやと思って同僚に「もしかして乗り換えた?」と質問したところ「アドレスが調子悪くなって買い換えた」との事。
バイク通勤同士で良く会話をする間柄なので色々見せてもらったり股がしてもらったりしました。
気になった所、いいなと思った所を書いていきます。

スポンサーリンク

一番気になったのがシート下の容量

参照元:HONDA LEAD125

同僚はアドレスに乗っていた頃はトップケースをつけていたんですが、リード125には取り付けていないので「リードにはつけないと?」と尋ねてみると、シートをガバッと開け「見てくださいよこの広さ」とヘルメットはもちろんカバンやら手袋やら他の荷物も沢山入っているじゃありませんか。

トップケースは必要なくなったそうです。

調べてみたらシート下の容量はなんと37Lの大容量。
PCXは30L、NMAXは23Lに比べればもの凄く大容量です。
しかも、足元が平らなのでちょっとした荷物も置けちゃうのでトップケースを付けたくないけどいっぱい積みたい人にはいい感じだと思います。

同僚は主に通勤に使っているので全くもってシート下だけで問題ないそうです。

スポンサーリンク

メータは発光指針&液晶ディスプレイのシンプルなデザイン

リードメーター
参照元:HONDA LEAD125

先進性を感じさせるPCXのメーターと比べるととてもシンプルなデザインです。
針のアナログメーターがやっぱり欲しいと言う方にはいいかもですが、どうせならタコメーターもあればよかったかな。
スペース的にメーターはこのサイズになってしまうのでタコメーターは厳しいかな。

スポンサーリンク

キーを取り出さなくてもいいスマート―も装備

リードスマートキー
参照元:HONDA LEAD125

やっぱ便利なのです。
ポケットからキーを取りださなくてもエンジンをかけられるスマートキー

古いスカイウェブ250も持っているんですが、たまに夜間に乗ることありキーをさすところが見えなくてキーをガチャガチャする事もしばしば。
キーボックスのあたりは傷だらけになっています。

スマートキーならそんなにはなりません。
エンジンスタートもストップもロックもシートの開閉もキーを使う事はありません。

ずーっと傷のない状態が続くのが嬉しいアイテムですね。

同僚はスマートキーが初めてで、これはいいと気に入っていました。

スポンサーリンク

フロントインナーボックスにUSBソケットがついているのもいい

リードフロントインナーボックス
参照元:HONDA LEAD125

同僚は片道15㎞ぐらいの通勤なのでペットボトルを入れる事はないと言っていましたが、USBソケットはスマホの充電忘れなどに便利と言っていました。

125クラスでツーリングや長距離の運転をしないならペットボトルフォルダーはあんまり必要ないかな。

同僚は主にタオルを入れているそうです。
雨の後にミラーやメーターを拭く用に。

スポンサーリンク

乗り心地はアドレスよりも安定していて乗りやすい

リード125乗り心地
参照元:HONDA LEAD125

まだあまり距離を走っていないけどアドレスより少し大きくなって安定していて乗り心地は良いとのことです。
ボクも股がしてもらいましたが、シートも大きくまずまずな座り心地。
フロントとシートの空間が少し窮屈な感じはしましたが、背が高い人は少し後ろ目に乗るといいかもという感じです。
ちなみにボクは身長182㎝なので窮屈に感じたのかもわかりません。

同僚は小柄なので余裕だそうです。

スポンサーリンク

気になる燃費は

カタログ上では燃費はWMTCモード49.0(km/L)となっていますが、同僚は40(km/L)を超えるぐらいかなと言っていました。
まだあまりの距離を乗っていないので正確には分からないとのこと。
市街地ばかりを走っているので40(km/L)もあれば十分だそうです。

スポンサーリンク

デザインは

リード125デザイン
参照元:HONDA LEAD125

デザインは旧モデルのリード125よりも良くなっていると思います。
写真だけではちょっとモッサリした感じがしますが、実物は悪くない感じです。
PCXやNMAXとは路線が違うので好みだと思います。

同僚はあまりデザインは気にしていないと言っていました。
アドレスの調子が悪くて納期が早かったリード125を選んだみたいです。

スポンサーリンク

気になる値段は

カタログでは希望小売価格が324,500円と30万超えで少し高め。
PCXが363,000円なのでこのタイプのスクーターにしては少し高いかな言うイメージです。

同僚はグリップヒーターやあれこれオプションをつけたので乗り出し価格が40万円近くになってしまったそうです。

しかし、うまく探せば30万円を切る価格で買えるショップもあるはずです。

リード125が気になった方はチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

リード125は前々から気になっていた原二です。
たまたま、同僚が買ったので実物を見れて触れて感触が少しわかりました。
結構いい原二です。
ウェブやカタログで見るより実車の方がいい感じがしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました